タイトル
トップページ 車両の写真 技術アラカルト ブランク ブランク 停車駅案内

小田急の歴史(戦前)

小田急電鉄は、1923年5月1日に小田原急行鉄道の創立に始リました。
1925年秋に小田原線「新宿〜小田原」駅間の敷設工事に着手し、1927年4月1日に営業を開始しました。当初は向ヶ丘遊園駅以降の区間は単線でしたが、1927年10月15日に全区間の複線運転を開始しました。さらに1929年4月1日に江ノ島線(「相模大野〜片瀬江ノ島」駅間)の営業も開始されました。
ところが当時の日中戦争の長期化につれて戦時体制が強化され、陸上交通事業の統制や電力の国家管理が進み、 1940年5月に経営の合理化を図って、帝都電鉄を合併し、さらに1941年3月に親会社の鬼怒川水力電気と合併し、社名を小田急電鉄に改めました。
小田急電鉄 小田急電鉄は、1942年5月1日に京浜電気鉄道と共に東京横浜電鉄を合併し、東京急行電鉄と改称しました。
東京急行電鉄は、続いて1945年6月に相模鉄道の運輸営業管理を受託したので、ここに東京西南部のほぼ全域に至る私鉄統合が成立しました。
いわゆる戦時統制下の陸上交通事業調整法による大東急時代です。
そして戦後、大東急が解体となり1948年6月1日に旧小田急電鉄は、東京急行電鉄から分離独立します。
同時に京浜電気鉄道は京浜急行電鉄の名称で、京王電気軌道は京王帝都電鉄の名称でそれぞれ独立しました。
5000形5270F(2010年11月廃車)
space
井の頭線は小田急電鉄の所属だった?
space
小田急電鉄 井の頭線は、鬼怒川水力電気形列の帝都電鉄株式会社が渋谷線として1933年8月に「渋谷〜井の頭公園」駅間を開業させ、翌年4月1日に吉祥寺駅まで全通させました。
1941年3月に親会社である鬼怒川水力電気が、小田急電鉄に社名変更したので小田急電鉄帝都線となったのです。
その後、戦中の陸上交通事業調整法により、東京急行電鉄に統合され小田急も含めて大東急の一員となりました。
1945年から小田急線世田ヶ谷中原駅(現・世田谷代田駅)から京王帝都電鉄井の頭線代田二丁目駅(現・新代田駅)駅間を結んでいた代田連絡線を運用し、井の頭線に優先投入された新車を小田急経堂工場(1940年〜1994年3月)で整備してから井の頭線に投入したそうですが、この連絡線は1952年に撤去されています。小田急電鉄の所属だった井の頭線は、戦後、合併前の本線に加えて京王帝都電鉄(京王電気軌道と帝都電鉄)の名称となりました。
井の頭線の移管は、旧京王電気軌道時代の主力事業だった電灯電力事業が、当時の戦時統制下の国策によって失われた為で、小田急電鉄は、代償に東京急行電鉄の子会社になっていた「箱根登山鉄道」と「神奈川中央乗合自動車」を傘下に収めました。これが経緯なのか分かりませんが、下北沢駅には小田急線と京王井の頭線との改札がありません。
京王井の頭線3000系3729F(2011年7月廃車)
小田急電鉄
下北沢駅小田急連絡通路(2013年3月廃止)
space
イメージ1 イメージ2
MSE HiSE

小田急の歴史(戦後)

戦後は、空爆による破壊・分断された鉄道施設を復旧して輸送力を回復させる事が、最大の課題でした。
1948年10月に「新宿〜小田原」駅間ノンストップ週末特急の運行を開始、1949年4月に戦時中単線になっていた
「藤沢〜片瀬江ノ島」駅間の複線復旧を達成しました。続けて小田原急行鉄道創業以来の懸案であった箱根登山鉄道線への乗り入れを1950年8月1日に実現しました。
1955年10月には国鉄御殿場線へ松田連絡線を使用して気動車(キハ5000形)による片乗り入れが特別準急で実現し、小田急電鉄の車両と小田急乗務員で「新宿〜御殿場」駅間の直通運転が開始されました。
高度成長最中の1957年夏に登場した特急ロマンスカー(3000形SE)は、当時の狭軌鉄道における世界記録を樹立しました。
このロマンスカーは第1回鉄道友の会ブルーリボン賞を1958年6月に受賞しました。
その後、御殿場線の電化により5両編成のロマンスカー(3000形SSE)に変わり、1960年になると小田急新宿駅を全面的に改良する事になり、同年5月着工1964年2月完成で地上3線(急行・特急)地下2線(準急・各停)の立体式ターミナル駅に生まれ変わりました。その後1984年4月の新宿駅大規模更新工事完成で10両編成対応のプラットホームとなりました。輸送力の増強と軌道強化、そして安全確保の必要性から「37kgレールを50kgレール」に交換する重軌条化を推進し、小田原線は1965年3月、江ノ島線は1971年8月に重軌条を完了しました。
この頃に旅客運賃改定があり、1966年1月からの初乗旅客運賃は大人20円・小児10円でした。
space
イメージ3 イメージ4
箱根登山線入生田駅 LSE
列車の高速・高密度化、長編成化が進むにつれて運転保安の重要性から1968年4月1日よりOM-ATS(小田急ATS)を「新宿〜向ヶ丘遊園」駅間で全特急車と一般車17編成に導入され、1969年7月16日には全線での使用を開始し、1970年3月には全車両への配備が完了しました。
施設建造では、1971年7月に環状8号線との立体交差化工事(「千歳船橋〜祖師谷大蔵」駅間)を完成し、1974年6月に「新百合ヶ丘〜小田急永山」駅間、1975年4月に「新百合ヶ丘〜小田急多摩センター」駅間の多摩線が開業しました。
1977年7月から「新宿〜本厚木」駅間で急行の10両編成運転を開始し、1978年3月31日から営団地下鉄千代田線相互直通運転「代々木上原〜綾瀬」駅間の開始に伴って、準急の10両編成運転(9000形)も始まりました。この頃に旅客運賃改定があり、1979年に初乗旅客運賃が多摩線を除いて大人70円・小児40円となりました。
space
イメージ5 イメージ6
4000形 VSE
space
向ヶ丘遊園とモノレール線の廃止
space
小田急向ヶ丘遊園モノレール線は、小田急向ヶ丘遊園駅から向ヶ丘遊園正門駅間の1.1kmを結んでいました。
跨座式(ロッキード方式=鉄軌条と鉄車輪を用いた方式)全線単線で第三軌条方式直流600Vのモノレール線です。
向ヶ丘遊園は、1927年に小田急小田原線開業と同時に開園しました。稲田登戸駅(現・向ヶ丘遊園駅)から入園客の輸送手段として、当初小型蓄電池機関車による非電化・単線の路線を開通させました。
戦争中は撤去されましたが、1950年に復活します。その後、1966年に日本ロッキード・モノレール社のデハ500形(デハ500形501号・502号)を導入し運行を開始しました。製造は川崎航空機岐阜工場です。
2000年に小田急電鉄が点検を実施した時に台車に致命的な欠陥が発覚します。
当時モノレールの方式が日本唯一のロッキード式である事で改修には莫大な費用がかかる事になり、小田急電鉄は2000年11月に正式に改修を断念します。そして2001年2月1日に廃止になりました。
向ヶ丘遊園も2002年3月31日に閉園となります。現在では駅名だけが残っています。
space

小田急の歴史(2013年現在)

代々木上原〜梅ヶ丘間の上下線と同区間の東北沢、下北沢、世田谷代田の3駅を、2013年3月23日に地下化下北沢駅2層構造の4線地下式工事の内、急行線(2線)のみを使用開始しました。その為、各駅停車しか停車しない東北沢駅と世田谷代田駅は仮設のホームを設置します。全工程完成後は、下北沢駅や世田谷代田駅は地下3階を急行線、地下2階を緩行線とする2層構造になります。
space
複々線の終端
space
資料写真 登戸駅は、暫定3線化の為に多摩川橋脚上のクロスポイントから1線に戻ります。(上りは、複線工事済)2016年度鉄道事業設備投資計画にある「登戸駅下り1番線の整備」によると2017年度の使用開始を目指し、登戸駅1番ホーム整備工事が進んでいます。
小田急線の複々線化・連続立体交差化事業は、「代々木上原〜向ケ丘遊園」駅間(計画上は新百合ヶ丘まで)を複々線化して高架化・地下化を行うプロジェクトです。
区間内にある39の踏切を解消する事を目的で行われています。
完成時には列車の増発と所要時間の短縮を実現し、小田急線の朝ラッシュ時の混雑率が208%から160%へと大幅に改善される見込みです。
複々線下り線の終端
資料写真 この事業は1962年に当時の運輸省内に設置された都市交通審議会の第6号答申で示された「東京8号線(東京地下鉄千代田線)」の建設計画が原型となっています。
その後、この計画は小田急線を複々線化する事で千代田線を延長する形で確定し、事業区間の内「和泉多摩川〜喜多見」駅間2.4kmは、1985年に「喜多見〜世田谷代田」間6.4kmは、1964年にそれぞれ高架化都市計画決定が議会でなされました。
しかし、実際の工事は1997年に「和泉多摩川〜喜多見」駅間、2004年に「喜多見〜梅ヶ丘」駅間が完了します。
下北沢駅完成予想図
何と都市計画決定から実に40年が経ちます。JR中央線の連続立体交差化が、都市計画決定から16年で完成している事から考えると尋常ではありません。事業が長期化してしまった理由は「小田急高架化訴訟」とする沿線住民の激しい反対運動があった為です。運動の賛否はともかく、40年も経った今は、最終工事が無事完成し混雑緩和と利便性向上を期待します。
space
小田急ファミリー鉄道展2011
space
小田急ファミリー鉄道展 小田急電鉄 小田急電鉄
space
小田急電鉄 小田急電鉄 小田急電鉄 小田急電鉄
space
小田急電鉄 小田急電鉄 小田急電鉄 小田急電鉄
space
小田急電鉄 小田急電鉄 小田急電鉄 小田急電鉄
space
2011年10月15日・16日に海老名車両基地で開催された「小田急ファミリー鉄道展2011」は、2010年に台風で中止になった事で二年ぶりでした。車両展示は、静態保存してある3000形特急車両(SE)3021F、運行離脱・廃車が迫る10000形特急車両(HiSE)10001F、5000形4両固定編成5255F、5063Fでした。保守作業車の実演、鉄道グッズの販売、クイズコーナーや乗務員体験コーナー等と小振りなイベントながら観客は超満員でした。海老名ビナウォークの第二会場では向谷実氏のスペシャルライブ、立川真司ものまねライブ、ミニSL乗車会が行われました。
※小田急電鉄の公式発表はこちら(PDF)です。
※5000形についてはこちら(引退車両)をご覧下さい。写真(4)(5)は展示車両ではありません。
space
前ページに戻る
space
小田急電鉄現有路線(総延長キロ数 : 120.7km)
space
路 線 区    間 区間距離 記    事
小田原線 新宿〜小田原 82.5km 「梅ヶ丘〜登戸」駅間(8.9km)は複々線化区間。
江ノ島線 相模大野〜藤沢〜片瀬江ノ島 27.6km 「藤沢」駅ではスイッチバックをします。
多摩線 新百合ヶ丘〜唐木田 10.6km
※「小田原〜箱根湯本」駅間は、箱根登山鉄道線(単線)ですが全て小田急車両で運行されています。
space
車両基地
space
名称 面積 収容車両台数 所属車両形式等
大野総合車両所 33,382u 全般検査及び重要部検査施設
喜多見検車区 68,300u 150両 1000・4000・5000形及びロマンスカー(EXE以外)
喜多見検車区唐木田出張所 43,271u 130両 指定なし
海老名検車区 56,413u 300両 1000・2000・3000形及びロマンスカー(EXEのみ)
海老名検車区大野出張所 24,647u 170両 2009年12月に大野総合車両所に統合
相武台前駅留置線   80両 指定なし
足柄駅留置線 60両 指定なし
経堂駅留置線 20両 指定なし
※経堂検車区(経堂車庫・経堂工場)は1927年に開設し1994年3月に廃止。相武台工場は、1927年に開設し1962年に廃止。
space
「鉄道事故史」→ 次のページ
検索 クイックメニュー 執筆:鉄次郎
※内容は随時に加筆修正を行います。
解説参照:ウィキペディア 小田急電鉄
space
著作権
space
ページカウント: ページカウント トータルアカウント: トータルカウント
space