東京地下鉄
トップページ 鉄道博物館 技術アラカルト ブランク ブランク 停車駅案内

7000系

東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
7102F 7105F 7110F 71127F
東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
7113F 7116F 7118F 7119F
東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
7130F 7131F 7132F 7132F
●7000系(有楽町線・副都心線・8両または10両固定編成・車長20m)
7000系は1974年に製造が開始され1989年までに10両34編成、計340両が製造されました。
製造メーカーは日本車輌製造・東急車輛製造・川崎重工業・近畿車輛です。6000系と保守作業の共通化を目的に車体・台車・機器など同系列と同様に製造されました。主制御装置は6000系の電機子チョッパ制御改良型のAVF式(Automatic Variable Field:自動可変界磁)を採用しましたが、1996年からIGBT素子によるVVVFインバータ制御へ更新が実施されました。
制御方式は1C2M4群VVVFインバータ制御、主電動機はかご形三相交流誘導電動機(160kW)、編成MT比は6M4Tです。
保安装置は東京地下鉄CS-ATC・東武ATS・西武ATS・東急ATC-Pを装備します。 検査業務は綾瀬工場で行われます。
(1)東急東横線多摩川駅[2014/08/05] (2)東急東横線白楽駅[2014/03/04] (3)東武東上線朝霞台駅[2010/10/11]
(4)東急東横線白楽駅[2014/03/04] (5)西武池袋線東久留米駅付近[2012/03/15] (6)東急東横線白楽駅[2014/03/04]
(7)東急東横線白楽駅[2014/03/04] (8)西武池袋線東久留米駅付近[2012/03/15] (9)東武東上線ふじみ野駅[2011/06/19]
(10)東武東上線朝霞台駅[2010/10/11] (11)東武東上線朝霞台駅[2010/01/30] (12)西武池袋線ひばりヶ丘駅付近[2010/02/07]
space

8000系

東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
8102F 8108F 8111F 8113F
●8000系(半蔵門線・10両固定編成・車長20m)
半蔵門線は1978年8月1日に「渋谷〜青山一丁目」駅間で開業しました。本系列が登場する迄の約2年間、営団地下鉄(現・東京地下鉄)に保有車両がなく、乗り入れ先の東急電鉄より8500系を借用して運用していました。
そして8000系が竣工して1981年4月1日に営業運転を開始しました。主制御装置は7000系のAVF式(自動可変界磁)電機子チョッパ制御装置の改良形で素子は逆導通サイリスタを使用しています。製造メーカーは三菱電機及び日立製作所です。
2004年から三菱電機製IGBT素子によるVVVFインバータ制御装置に更新し、主電動機はかご形三相交流誘導電動機(165kW)を搭載し、編成MT比を5M5Tに変更しました。
保安装置は東京地下鉄CS-ATC・東急CS-ATC・東武ATSを装備します。
(1)東武伊勢崎線杉戸高野台駅[2010/12/05] (2)東急田園都市線宮崎台駅[2011/05/18] (3)東急田園都市線宮崎台駅[2014/0820]
(4)東急田園都市線つくし野駅付近[2010/05/18] space space
space

9000系

東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
9106F 9110F 9122F 9123F
●9000系(南北線・6両固定編成・車長20m)
9000系は1991年11月29日の南北線の部分開業に併せて4両編成で登場しました。その後「四ツ谷〜駒込」駅間の延伸開業時に6両編成化になりました。ワンマン運転の安全性や停止精度を高める為に人工知能(AI)を組み込んだATOを採用して「出発ボタンを押すだけで加速から駅停車」までを自動運転が行われてます。
主制御装置はIGBT素子によるVVVFインバータを採用し、主電動機はかご形三相交流誘導電動機(190kW)を搭載しました。
保安装置には1段ブレーキ制御機能を持つ多段式CS-ATCを装備します。
※写真(4)は、2009年から製造された第5次車です。車体構造をダブルスキン構造とする「セミダブルスキン構造」が採用され、編成MT比は3M3Tとなり、機器類は10000系の仕様が採り入れられた設計変更がされました。
(1)東急目黒線新丸子駅[2011/09/10] (2)東急目黒線武蔵小杉駅[2011/01/21] (3)東急目黒線多摩川駅[2014/08/05]
(4)東急目黒線武蔵小杉駅[2011/01/21] space space
space

10000系

東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
10102F 10105F 10110F 10113F
東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
10114F・10133F 10118F 10121F 10123F
東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
10131F 10132F 10134F 10136F
●10000系(有楽町線・副都心線・10両固定編成・車長20m)
10000系は2006年9月1日に有楽町線で営業運転を開始し、2008年6月14日に開業した副都心線へ投入されました。
副都心線「渋谷〜小竹向原」駅間の自動列車運転装置(ATO)とホームドアに対応したワンマン運転の各種機器を搭載します。
車体は2004年に落成した東西線の05系13次車をベースに、日立製作所製A-train(アルミ合金製オールダブルスキン構造車体)で製造されました。主制御装置はIGBT素子を使用した三菱電機製VVVFインバータ制御方式を採用し、主電動機はかご形三相交流誘導電動機(165kW)を搭載し、ブレーキ方式は電気指令式ATC連動回生ブレーキ併用空気ブレーキです。
保安装置はCS-ATC(東京地下鉄)・東武ATS・西武ATSを装備します。2007年に日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞を受賞しました。
(1)東武東上線朝霞台駅[2010/10/11] (2)西武池袋線富士見台駅[2010/10/11] (3)西武池袋線石神井公園駅[2010/01/30]
(4)東急東横線多摩川駅[2014/08/05] (5)新木場車両基地敷地外[2010/03/27] (6)西武池袋線ひばりヶ丘駅付近[2010/02/07]
(7)池袋線富士見台駅[2014/08/07] (8)副都心線渋谷駅[2010/02/25] (9)東武東上線ふじみ野駅[2011/06/19]
(10)東武東上線ふじみ野駅[2011/06/19] (11)西武池袋線小手先駅付近[2010/06/06] (12)西武池袋線富士見台駅[2010/10/11]
space
データ販売
space

13000系

13000系 東京地下鉄と東武鉄道は、2015年6月17日に日比谷線・スカイツリーライン相互直通運転の新型車両、東京地下鉄「13000系」・東武鉄道「70000系」の基本仕様を発表しました。相互直通運転を行っている東京地下鉄日比谷線(中目黒〜北千住)と東武スカイツリーライン(北千住〜南栗橋)にデビューする新型車両で、外観のデザインは2社で異なりますが、多くの部分で共通化を図っているのが特徴です。これまでの両社の直通車両は1両あたりの片側のドア数が3ドアと5ドアが混在していましたが、すべて4ドアに統一します。またフリースペースや優先席の位置なども両社間で統一化します。
13000系
ドア位置の統一により、日比谷線で予定されているホームドア設置における課題の一つが解消されます。「車内が快適に」具体的には次のような点が挙げられます。2社とも共通です。
○車内が快適に。具体的には次のような点が挙げられます。2社とも共通です。
○連結面や座席横の仕切り、荷棚に透明な強化ガラスを採用、開放的な車内に。
○1人あたりの座席幅を広げ、クッション性を改良。座席横の仕切りを大型化。
○冷房能力のアップ。
space
13000系 各車内ドア上部には17インチワイド液晶の車内表示器を3画面搭載します。外国人乗客の増加を踏まえ、乗換案内や駅設備案内を多言語に対応するとともにニュースや天気予報等、より多くの情報が提供されます。また車椅子・ベビーカーを利用の方や、旅行等で手荷物が多い乗客に配慮し、全車両にフリースペースを設置。車端部の座席は全て優先席となり、優先席数が増加します。この直通車両「13000系」と「70000系」は、2016年度から2019年度にかけて導入される予定です。公式発表はこちら(PDF)をご覧下さい。

2016年12月23日に13000系の特別運行を「南千住」駅〜「霞ヶ関」駅間で初の営業運転が行われました。これは、本格的な営業運行は2017年3月に先駆けて行われたイベントとして行われたもので、臨時列車は12月24・25日も運行されます。
13101F
space

15000系

東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
15103F 15105F 15105F 15108F
●15000系(東西線・10両固定編成・車長20m)
15000系は2010年5月7日から東西線で営業運転を開始しました。編成は2009年度末から2011年度にかけて10両13編成が日立製作所で製造されました。車両の特徴は1.8mワイドドア車で、車体や車内設備は05系13次車や10000系の設計思想を採り入れ「快適性や使い易さの向上・リサイクル性の向上・火災対策の強化・車体強度の向上・コストダウン・省メンテナンス」をコンセプトとしてます。
主制御装置は三菱電機製のIPM方式の2レベルIGBT素子を使用したVVVFインバータ制御方式を採用し、主電動機にかご形三相交流誘導電動機を搭載します。ブレーキ方式は電気指令式ATC連動回生ブレーキ併用空気ブレーキです。
編成MT比は5M5Tで、保安装置はCS-ATC(東京地下鉄)・ATS-P形(JR東日本)・WS-ATC(東葉高速線)を装備します。
(1)JR西荻窪駅[2011/09/14] (2)JR西荻窪駅[2011/03/05] (3)西葛西駅[2010/11/17] (4)JR西荻窪駅[2011/11/02]
space

16000系

東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ 東京メトロ
16101F 16102F 16102F 16103F