京浜急行電鉄
トップページ 車輌の写真 路線の沿革 ブランク ブランク 停車駅案内

京浜急行電鉄の歴史

京浜急行 京浜急行電鉄は、1899年「六郷橋〜川崎大師」駅間を1,435mmゲージ(標準軌)で開通した大師電気鉄道が始まりです。同年に京浜電気鉄道へ社名変更をします。
1933年に高輪駅を廃止して品川駅へ乗り入れ工事を完了し「品川〜浦賀」駅間の直通運転を開始しました。
1941年に京浜電気鉄道と湘南電気鉄道が合併し、現在の路線網がほぼ完成しました。
戦時中、陸上交通事業調整法に基づく戦時統合により大東急に併合されますが、戦後の1948年に京浜急行電鉄・小田急電鉄・京王帝都電鉄の3社は、分離独立し再スタートをします。1963年11月に久里浜検車区及び久里浜工場を開設し、1966年7月に久里浜線が現在の三浦海岸駅まで開通します。
800形814F編成
1968年に「品川〜泉岳寺」駅間の地下線開業で都営地下鉄浅草線と直通運転を開始し、京浜急行電鉄〜都営地下鉄浅草線〜京成電鉄の乗入ルートが確立されます。2003年に久里浜工場を京急ファインテックに委託し、同社久里浜事業所となります。2010年10月21日に空港線「羽田空港国際線ターミナル駅」が開業します。
本線の「品川〜横浜」駅間は線路施設改良工事により、営業最高速度120km/h運転を実現します。
但し、曲線区間が多い横浜以南は110km/hです。
space
京浜急行 京浜急行 京浜急行
1000形(2010年6月廃車) 新1000形 1000形1381(2010年6月廃車)
京浜急行 京浜急行 京浜急行
神武寺駅 三線軌条分岐点 神武寺駅標 神武寺駅管轄標識
space
600形
space
資料写真 資料写真 資料写真
600形静態保存車正面 600形静態保存車側面 600形静態保存車背面
600形は当初700形と呼ばれ、1966年に600形に改番されました。京浜急行初の全金属製車体と電空併用ブレーキなど新機軸を採用した高性能軽量車として誕生しました。「ラメール」「南房総」などの愛称で親しまれ1971年の冷房化更新工事後は、快速特急として活躍してきましたが、老巧化の為に2000形の登場で1984年に廃車されました。
保存場所は、逗子市第一運動公園にありますが、ご覧の様に保存状態は悪いのが残念です。
※逗子市第一運動公園は、JR横須賀線東逗子駅〜徒歩15分または京急逗子線神武寺駅〜徒歩20分です。
※2010年5月訪問
space
京急ファミリー鉄道フェスタ(2010年5月30日)
space
space
●1500形の車体上げ作業
京急ファインテック久里浜事業所で行われた「京急ファミリー鉄道フェスタ2010」での1500形の車体上げ作業の模様です。スライドショー形式になっています。
※ご覧になれない場合はAdobe Flash Playerをインストールする必要があります。
space
京浜急行電鉄 京浜急行電鉄 京浜急行電鉄 京浜急行電鉄
space
京浜急行電鉄 京浜急行電鉄 京浜急行電鉄 京浜急行電鉄
space
京浜急行電鉄 京浜急行電鉄 京浜急行電鉄 京浜急行電鉄
space
京浜急行電鉄現有路線(総延長キロ数:87.0km)
space
路 線 区    間 区間距離
本   線 泉岳寺〜浦賀 56.7km
空港線 京急蒲田〜羽田空港国内線ターミナル 6.5km
大師線 京急川崎〜小島新田 4.5km
逗子線  金沢八景〜新逗子 5.9km
久里浜線 堀ノ内〜三崎口 13.4km
space
久里浜線延伸事業の中止[2016年3月16日]
space
京浜急行 京浜急行電鉄は「三崎口〜油壺」駅間2.1kmの久里浜線延伸事業と、三浦市三戸・小網代地区の土地区画整理事業などによる大規模宅地開発事業の凍結を2016年3月16日に発表しました。
久里浜線は現在の横須賀市と三浦市三崎地区を結ぶ路線として順次延伸され、1966年7月までに「堀ノ内〜三浦海岸」駅間が開業し、1975年4月に現在の終点となる「三崎口」駅まで開業しましたが「三崎口〜油壺」駅間の計画はなくなりました。京浜急行電は、三浦半島の人口減少や地価の下落などを踏まえ、延伸事業や宅地開発事業を凍結したとしています。
space
京浜急行電鉄脱線事故[1997年4月7日]
space
京浜急行電鉄本線の「京急田浦〜安針塚」駅間の切り通しでがけ崩れが発生し、走行中の上り普通電車(1500形)が突っ込んで脱線しました。この事故で、乗客乗務員19人が重軽傷を負いました。
事故発生時、下りの快速特急(快特)電車が接近中でしたが、運転士が負傷しながらも防護無線を発報した為、防護無線を受けた快特は、現場の手前で緊急停車し二重事故を逃れました当事故において、脱線した車両が軌道を大きく逸脱したり横転したりしなかったのは、先頭車が重量の重い電動車(M車)だったと言われてます。
この事故は京浜急行が衝突事故対策として、先頭車を電動車にして来た慣例が有効に発揮した実例とされます。
検索 クイックメニュー 執筆:鉄次郎
※内容は随時に加筆修正を行います。
車両解説参照:ウィキペディア 京急電鉄 京急ファインテック
space
著作権
space
ページカウント: ページアカウント トータルアカウント: トータルアカウント