京成電鉄
トップページ 車両の写真 路線の沿革 ブランク ブランク 停車駅案内

京成電鉄の歴史

京成電鉄は1897年に成田鉄道が成田山新勝寺参拝客需要の為に開業した事で始まり、日露戦争後の経済不況の中で帝釈人車軌道(柴又〜金町)と成田鉄道を買収して京成電気軌道を設立しました。
京成電鉄 1912年11月3日に「押上〜市川」駅間「曲金(現・高砂)〜柴又」駅間を開業し、翌年には「江戸川〜市川新田(現・市川真間)駅間」1915年11月に「市川新田〜中山」駅間、翌年に「中山〜船橋」駅間1921年7月に「船橋〜千葉」駅間1926年12月「津田沼〜酒々井間〜成田花咲町」駅間と延伸を繰り返しました。
1930年4月に現在に至る京成成田駅を設置します。同年10月に筑波高速度電気鉄道を吸収合併して、翌年「青砥〜日暮里」駅間、1933年12月に「日暮里〜上野」駅間を開業させました。
戦後になり、1945年に軌道線から地方鉄道線へ変更をしました。1957年6月に運輸省の行政指導で「地下鉄網の建設運営は、営団・東京都が担当、各電鉄は地下鉄に相互乗り入れ運転」の方針が決定します。
京成電鉄は、京浜急行電鉄と共に東京都が運営する1号線(都営浅草線)に相互乗り入れをするに至りましたが、京成と京浜急行では軌間の違いが最大の問題となりました。鉄道の軌間についてはこちら
京成電鉄は、全線を11工程13工区に分けて改軌工事(1,372mmから1,435mm)を実施、運行を継続しながら、1959年10月9日から12月1日までの50日間で完了させました。1960年12月4日より、都営地下鉄1号線「押上〜浅草橋」駅間の開業で初の地下鉄と相互乗り入れが行われる事になりました。
space
成田スカイアクセス
space
京成電鉄 2010年7月17日に成田空港線(成田スカイアクセス)が開業をしました。
北総鉄道北総線を経由して成田空港まで高速(営業最高速度160Km/h)で結ぶ新線として「日暮里〜空港第2ビル」駅間を所要時間36分で結びます。この新型スカイライナー(AE形8両編成・MT比6M2T)は、ファッションデザイナーの山本寛斎氏が車両デザインを担当ました。
これまでに第1編成(日本車輌)が2009年5月、第2編成(東急車輛)が2009年12月、第4編成と第6編成(東急車輛)が2010年1月に納入されました。2009年度から2010年度までの2年間での総製造両数は8両編成8本の64両です。
詳しくはこちらをご覧下さい。
スカイライナーAE形
space

新京成電鉄

京成電鉄 新京成線は千葉県松戸市の「松戸」駅と千葉県習志野市の「京成津田沼」駅を結ぶ新京成電鉄が運営する路線です。
路線の多くの区間が、旧日本陸軍鉄道連隊が演習用に敷設した線路で、戦後に京成電鉄へ払い下げられた経緯を持ちます。
鉄道連隊演習線跡地は、様々な形状の線路を敷き軍事演習をする必要があった事で不自然な急曲線が多く、旅客線として開業する際に直せる箇所は、直線化しましたが、現在でも線形は悪い様です。
「津田沼〜松戸」駅までの直線距離は、約16kmに対し、路線距離は、26.5kmと長くなってます。
1946年3月に認可が出て、10月に京成電鉄の子会社になる新京成電鉄が設立をました。
新京成8900形
新京成線は1947年12月27日に「新津田沼駅〜薬園台」駅間で開業しました。
1953年10月に全線で軌間変更の大規模工事を行います。軌間を1,067mmから1,372mmに改軌し、再び1959年11月に軌道を京成本線に合わせて1,372mmから1,435mmに改軌し現在に至ります。
space
京成電鉄現有路線(総延長キロ数 : 102.4km)   ※新京成を除く
space
路 線 区    間 区間距離 記    事
京成本線 京成上野〜成田空港 69.3km
東成田線 京成成田(駒井野信号場)〜東成田駅 7.1km 内6.0kmは本線と重複。
押上線 押上〜青砥 5.7km 都営地下鉄浅草線・京浜急行と相互乗り入れ。
金町線 京成高砂〜京成金町 2.5km
千葉線 京成津田沼〜千葉中央 12.9km 新京成線が乗り入れ。
千原線 千葉中央〜ちはら台 10.9km
新京成線 松戸〜京成津田沼 26.5km 「京成津田沼〜新津田沼」駅間は単線区間。
space
京成電鉄電車衝突事故[2003年1月23日]
space
1月23日午後7時半頃、千葉県習志野市実籾の京成線踏切で、京成上野発芝山千代田行き下り普通電車(3300形6両編成)がワゴン車と衝突し、先頭車両が脱線しました。県警習志野署によると、車に乗っていた男性2人が死亡、電車の乗客11人が軽傷を負い病院に運ばれる等しました。京成電鉄の発表は「現場は、警報機遮断機付踏切箇所で、ワゴン車が踏切の手前で止まっていた別の車を追い越し、遮断機を壊して踏切内に進入して来て起こった事故」という事でした。
事故当時は、夜のラッシュで電車内には約600人の乗客が乗り合わせ、電車は車に乗り上げ、約200m車を引きずって停止したそうです。同線は上りも含め「京成高砂〜京成佐倉」駅間で不通となり、ダイヤは大幅に乱れました。
検索 クイックメニュー 執筆:鉄次郎
※内容は随時に加筆修正を行います。
解説参照:ウィキペディア 京成電鉄
space
著作権
space
ページカウント: ページアカウント トータルアカウント: トータルアカウント