秩父鉄道
トップページ 車両の写真 路線の沿革 ブランク ブランク 停車駅案内

秩父鉄道の歴史

秩父鉄道 秩父セメント(現・太平洋セメント)が武甲山から産出される石灰石を運ぶ貨物輸送として1899年(明治32年)上武鉄道株式会社としてスタートし1916年(大正5年)に秩父鉄道と改称します。
1930年(昭和5年)に「羽生〜三峰口」駅の全線(71.7km)を開通します。
1979年(昭和54年)貨物専用線の三ヶ尻線「武川駅〜熊谷貨物ターミナル(7.6km)」を開業します。
1988年(昭和63年)SL列車「パレオエクスプレス」運転開始。
1989年に秩父鉄道創立90周年事業として、三峰口駅に秩父鉄道車両公園を開園します。
秩父鉄道 秩父鉄道は、71.7kmの区間を37駅(起終点駅・貨物駅含む)で結ぶ全線単線・電化路線[1,067mmゲージ]です。
他社線からの乗り入れは、JR東日本高崎線や東武東上線(1992年まで)から乗り入れが行われてましたが、現在は西武鉄道からの直通運転(1989年〜三峰口行・長瀞行)のみが行われています。(左の写真左中央は西武4000系)
space
秩父鉄道の運行車両
space
秩父鉄道 運行車両は、1960年代までは自社オリジナル車両(100形・300形・500形)を使用してましたが、その後他社からの譲渡が始まり小田急電鉄1800形(800系に改称)国鉄101系(1000系に改称)東急電鉄7000系(2000系に改称)国鉄165系(3000系に改称)が在籍してました。また貨物輸送等に電気機関車デキ1形、国鉄ED38形も在籍してました。
現在は東京都交通局6000形(5000系に改称)、西武鉄道新101系(6000系に改称)東急電鉄8090系,8500系(7000系,7500系,7800系に改称)及びC58形蒸気機関車と12系客車、電気機関車デキ100形・200形・300形・500形が稼動します。
※左写真は国鉄101系を1000系に改称したものです。(既に運行離脱)
「ひろせ野鳥の森」駅と「大麻生」駅間に広瀬川原車両基地があり、秩父鉄道の全ての車両が所属します。
パレオエクスプレスの運転シーズン中は、蒸気機関車C58形363号も所属し転車台も稼動しています。
この蒸気機関車の重整備はJR東日本高崎車両センターが行っています。
space
秩父鉄道 秩父鉄道 秩父鉄道 秩父鉄道
5000系 6000系 7000系 7800系
space
東武鉄道の甲種列車輸送
space
秩父鉄道 東武鉄道は自社路線で東上線と伊勢崎線が繋がってません。
そこで東武鉄道の新造車両及び東武東上線と東武伊勢崎線の転属車両は、秩父鉄道線内を甲種列車輸送します。
新造車両の場合は、JR貨物が熊谷貨物ターミナルまで列車輸送し、三ヶ尻線経由で東武東上線へは寄居駅連絡線、東武伊勢崎線へは羽生駅連絡線を使用して車両基地がある森林公園(東上線)及び南栗橋(伊勢崎線)まで輸送します。
秩父鉄道線内は、電気機関車デキ100形等で牽引され輸送されます。
space
SLパレオエクスプレス
space
C58-363(シゴハチサンロクサン)は、かつて東北地方などの旧国鉄(現在のJR)で活躍したSLです。昭和47年に現役引退後は、吹上町立吹上小学校の校庭で小学生と一緒にのんびりと余生を送っていましたが、さいたま博覧会(昭和63年3月19日から5月29日まで熊谷市で開催)にあわせて「SL運行を!」の声があがり、その大役にC58-363が抜擢されたのです。昭和62年に車籍を復活。昭和63年に秩父路のSLパレオエクスプレスとして誕生しました。全国各地でSLが復活していますが、SLパレオエクスプレス(C58-363)は21世紀を走る唯一のC58形として活躍しています。
SLパレオエクスプレスは、定期運行ではありませんので必ず運行日時は確認して下さい。
運行スケジュール・乗車方法・料金などはこちらをご覧下さい。路線図はこちらです。
SLパレオエクスプレスは、「熊谷」〜「三峰口」駅間を1往復します。停車駅と所要時間の目安は以下になります。
space
C58 時刻表
space
データ販売
space
スペース
秩父鉄道車両公園
スペース
秩父鉄道公園 秩父鉄道公園 秩父鉄道公園 秩父鉄道公園
クハニ29号 デキ1号 ED38-1 転車台
三峰口駅に隣接する秩父鉄道車両公園は、創立90周年事業として1989年に開園しました。秩父鉄道で過去に使用された車両を展示している他、転車台が可動状態で残され、パレオエクスプレスの運行日には間近で蒸気機関車C58-363の機回し(転車台が)を見学する事が出来ます。
展示車両は、電車デハ100形(デハ107)、クハニ20形(クハニ29)、電気機関車デキ1形(デキ1)、ED38形(ED38-1)、及び貨車が静態保存されています。
秩父鉄道車両公園
交通案内:秩父鉄道「三峰口」下車、駐車場の踏切りを渡る
開館時間:午前9時〜午後4時
休館日時:年中無休
入場料金:無料
※写真及び動画は当地で撮影しました。
スペース
データ販売
スペース
スペース
他社線との連絡
スペース
駅名 他社線連絡 方面 備考
羽生 東武伊勢崎線 館林・池袋・渋谷 東京メトロ半蔵門線
熊谷 JR東日本高崎線・上越長野新幹線 上野・新宿・東京 湘南新宿ライン
寄居 JR東日本八高線・東武東上線 八王子・川越・池袋・渋谷 東京メトロ副都心線
御花畑(芝桜) 西武秩父線 池袋・西武新宿 ※直通運転あり
スペース
鉄道事故史
スペース
樋口No,3踏切列車脱線事故[2011年11月1日]
三峰口駅発羽生駅行き3両編成の上り普通第1528列車が平成23年11月1日にワンマン運転で野上駅を定刻(11時12分)より1分遅れで出発しました。列車の運転士は、速度約78km/hで惰行運転中、11時14分ごろ、樋口No,3踏切道上で停止している大型の貨物自動車を同踏切の約200m手前で発見し、気笛を吹鳴するとともに非常ブレーキを使用したが間に合わず、列車は同自動車と衝突しました。列車は、1両目の前台車全2軸が右へ後台車全2軸が左へ脱線し同踏切から約30m行き過ぎて停止しました。列車には、乗客約40名及び運転士が乗車しており、乗客4名及び運転士が負傷しました。また、同自動車の運転者は降車していたため負傷はありませんでした。列車は、1両目の前面及び床下機器等が損傷し自動車は大破したが、火災の発生はありませんでした。
スペース
広瀬川原車両基地脱線事故[2012年8月6日]
秩父鉄道広瀬川原駅構内の広瀬川原車両基地内にて、「パレオエクスプレス」運転のために構内を入れ換え中だったC58形363号機が転轍器通過時に進行方向右側へ脱線しました。秩父鉄道の発表では係員の手違いが原因とされています。負傷者は発生しませんでしたが、脱線の影響でC58形363号機は車軸折れや車輪歪みなど損傷が大きく、修理に約半年を要することから「パレオエクスプレス」は2012年内は電気機関車での牽引となっていました。2013年3月20日の運行よりC58形が復帰しました。
スペース
東行田第4種踏切事故[2013年1月18日]
1月18日午後4時25分頃、埼玉県行田市桜町2丁目の秩父鉄道踏切で、同市立小5年生が影森発羽生行き普通電車(3両編成)にはねられ死亡しました。行田署によると、現場は警報機や遮断機がない「第4種踏切」で幅は2.1メートルで車は通れません。先頭車両の右前方付近に傷があり、約40メートル引きずられた模様です。秩父鉄道によると、同社の第4種踏切では2008年以降、今回を含め事故が7件発生し4名が死亡しているそうです。
スペース
検索 クイックメニュー 執筆:鉄次郎
※内容は随時に加筆修正を行います。
車両解説参照:ウィキペディア 秩父鉄道
space
著作権